マヌカハニーや天然生はちみつ等専門店の通販 ネイチャーランド

ABハニー

about AB's HONEY "FROM HIVE TO YOU"


ABハニー社
「ナチュラルで美味しいはちみつを。」

ABハニーについて トップ


歴史と名称

 ABハニー社は1982年にクイーンズランド州の養蜂家によって設立されました。ネーミングはストレートで、Australian Beekeeper's Honey(オーストラリアの養蜂家のはちみつ)の略称。全国の養蜂家を代表するかのような意気込みが感じられます!

AB's HONEY LOGO

理想的な環境

 ABハニーの生はちみつは、主にクイーンズランド州とニューサウスウェールズ州の広大な自然林からあつめられます。そこにはオーストラリア特有のユーカリその他の樹木・灌木が自生しています。
コアラを連想するユーカリの木ですが、ユーカリと一口に言ってもその種類は600以上。しかも種類ごとに開花時期が違うため、それぞれの花から採れるはちみつの異なる香りや味を楽しむことができます。

 オーストラリア東岸の気候は、長い晴天続きの夏と短く穏やかな冬
そのためオーストラリアのみつばちは、他の国のみつばちと違って、砂糖などの人工栄養を必要とせずに越冬することができます。

ABハニーには100%ピュアでヘルシーなはちみつを産みだすのに理想的な環境が整っているのです。

yellow gum tree

 
万が一みつばちに病気が見つかった場合は、オーガニックにこだわる養蜂家は抗生物質を使用したりせず、その群れを隔離して焼却してしまいます。群れの再生には時間もお金もかかりますが、長い目で見ればそれがベストな方法だそうです。



クイーンズランド州だけでもかなりの数の養蜂組合が活動しており、州政府も強力にはちみつ産業をバックアップしています。業界のリストはこちら

"巣箱からあなたに"

 ABハニーが生はちみつを巣箱からあなたにお届けするまでの工程です。
 それはプロの養蜂家によって健康管理されたみつばちの巣箱をうけとるところから始まります。

抽出

抽出

 巣枠の中のみつロウでできた穴がはちみつでいっぱいになると準備完了。

 みつでいっぱいの巣は遠心分離器にかけられ、流れ出した黄金の生はちみつがステンレスドラムの中にたまります。

 このときの部屋は暖かい夏の日のような約35℃。生はちみつが流れやすい温度です。

フィルタリング

フィルタリング

 天然の生はちみつと言っても、みつばちは森からいろいろなものを運んできますので、どうしても濾過(フィルタリング)が必要になります。

 はちが運んできた花の欠片や花粉、抽出作業中にまぎれこんだみつロウの欠片などの大きめの「不純物」は、このフィルターでとりのぞかれます。

 もっとも時間をかける工程です。

パッケージング

パッケージング

 製品の安全を確保するために、管理されたクリーンルームで生はちみつのびん詰めが行われます。
 
 工場とすべての機器は、オーストラリア・ニュージーランド食品基準局(ANZFA)の規準を満たしていますので安心です。

HACCP認定の工場で安全・安心!
HACCP Cert Expires 09 09 2013small

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional